国際産業ファブリック協会ジャパン

Advanced Textiles
                                                Source

August 23, 2017

btn_ifai_member_join.jpg

Kazakhstanihazmat.jpg

カザフスタンにてカザフスタン平和維持大隊との模擬化学物質攻撃演習に参加するケンタッキー州兵。防護用衣類セクターでは、防護装備の開発にあたり各種の新技術を早い段階から採用してきた。

ファブリックと多機能化

高性能の機能的ファブリックの開発は、段階的なプロセスとして進められてきた。

by Seshadri Ramkumar


繊維本来の特性が特殊な機能を発揮する場合もあるが、多機能性や高度なアプリケーションのニーズが増える現在、高性能の機能性ファブリックを求める声に応えるには、複数のアプローチを組み合わせる必要がある。Read more


自己充電し暗闇で光る太陽光発電ジャケット
スタートアップ企業のボルバック社が、ほぼあらゆる光源で充電でき暗所で輝きを放つ材料を用いたジャケットを開発した。このソーラー・チャージド・ジャケットは風雨から人体を守ってくれるだけでなく、光を蓄え数時間発光する機能を持つ。 Read more

Dupont

暗闇で緑のスペクトル光を放つソーラー・チャージド・ジャケット




2017RISEイノベーション賞の最終選考者を発表
米国不織布協会(INDA)が、本年のRISEアワードのファイナリストをアナウンスした。この賞は、先端的な科学・工学原理を活用してファブリック業界の課題をクリエイティブに解決するイノベーションを表彰するものだ。Read more


MITが主催したスマートファブリックのハッカソン
MIT
を会場として最近開催された3日間のハッカソンにMITとボストン周辺の研究者や学生が集い、重要な問題解決に貢献する機能性ファブリックコンセプトの開発に取り組んだ。Read more

Ex17_AT_TestingProgram_FNL_600x90(3).jpg

Beownbattery.jpg

Photo: University of Surrey.

人を電源にする衣類
英国のサリー大学が、エネルギーを採取し電気を蓄積するスマートシャツやスマートシューズなどの衣類の着用により、人が自らの電力供給源となる技術の開発を進めている。Read more


ジュエリーが小さなロボットに
MITのメディアラボで最近開発されたジュエリーの集合体「Kino」。衣類上を移動して場所を変え、衣服の外観を再構成するミニチュアロボットの役割を果たすという驚くべきジュエリーだ。 Read more

4_Pattern_Etching.gif

ベルベットなどの生地上を移動する時、Kinoは、まるで衣類がデザインを刻むキャンバスであるかのように、目に見える痕跡を残す。Photo: Cindy Hsin-Liu Kao, provided by MIT.




logo_ifai_footer.jpg

icon_twitter.jpgicon_facebook.jpg

Copyright 2017 Industrial Fabrics Association International.All rights reserved.


アドバンス テキスタイルソース
Advanced Textiles Source

お問い合わせは、IFAIジャパンまで
Tel: 072-780-2803   Fax: 072-772-7376 mailto:ifaijapan@ifai.com

このページのトップへ

To IFAI Home:IFAIジャパンはIndustrial Fabrics Association International(IFAI国際産業ファブリック協会)の国別部会です。

 Copyright © 2000-2017, IFAI Japan, All Rights Reserved.