国際産業ファブリック協会ジャパン

アドバンス テキスタイルソース

アドバンス テキスタイルソース  2017年4月12日配信分のご案内

イノベーターのための特許法


MITのチームが、硬化フレキシブル炭素繊維に活性物質をプリントし、活性化因子として熱を加えることで、自ら形を変える炭素繊維のプログラミングを行った。

by David Crowe

業界の成長を牽引する技術と製品を守るために。

貴社のビジネスプランでは、イノベーションを重要な要素と位置付けているだろうか?そして独自の製品による差別化を予定しているだろうか?企業は、特許その他の知的財産の保護の基本を理解することで、自社のイノベーションを特定化して保護し利益を生み出せる態勢を整えることができる。

[More]

知的財産保護のためにすべきこと

by Janet Preus

知財保護の経験がない者にとって、あらゆる紆余曲折への対応法を理解するのは容易なことではない。だからこそ、特許はきわめて専門性の高い法律分野となっており、初期段階でしっかりとした法的アドバイスを受けることが重要なのだ。

[More]

開発が進む太陽光発電「皮膚」

太陽光を集めて合成皮膚の電力源とする新たな手法は、切断患者の触覚を蘇らせる最先端の義肢の実現を助けるかもしれない。エンジニアたちはすでに義手の電子カバーにグラフェンを取り入れ、エネルギーの収集にこれを活用しようとしている。

[More]

アクティブスポーツウェア人気が、透湿防水性ウェア市場の追い風に

環境配慮型製品を志向する消費者の増加、スポーツウェア市場の全体的な好調、そして山での過酷なスポーツの人気の高まりにより、透湿性と防水性を両立するウェアの需要の伸びが見込まれる。

[More]

全ての繊維のリサイクルを目指して

米国環境保護庁の報告によると、2014年の廃棄テキスタイル1,622万トンのうち、リサイクルされたのはわずか262万トンであった。一方、SMART(二次原料・再生繊維協会)は、あらゆるテキスタイルの95%が何らかの形でリサイクルや再利用が可能だと述べている。

[More]

Duoskinが実現するアクセシブルなEタトゥー


MITで開発された、カスタム化可能な一時的Eタトゥー
Photo: © MIT

MITメディアラボの研究者チームが開発した”Duoskin”は、肌に貼るアクセス可能なインターフェイスだ。このプロセスではあらゆる人が、この一時的Eタトゥーに組み込める回路図を考えるデザインプログラムにアクセスできる。

[More]

アドバンス テキスタイルソース
Advanced Textiles Source

お問い合わせは、IFAIジャパンまで
Tel: 072-780-2803   Fax: 072-772-7376 mailto:ifaijapan@ifai.com

このページのトップへ

To IFAI Home:IFAIジャパンはIndustrial Fabrics Association International(IFAI国際産業ファブリック協会)の国別部会です。

 Copyright © 2000-2018, IFAI Japan, All Rights Reserved.