国際産業ファブリック協会ジャパン

アドバンス テキスタイルソース

アドバンス テキスタイルソース  2016年11月22日配信分のご案内

高まるテキスタイルテスティングの重要性


ノースカロライナ州立大学がIFAI Expoで披露した
テキスタイル試験用マネキン

by Debra Cobb

業界関係者の多くが、衣料用テキスタイルの快適性、外観、耐久性に関する試験の基本を熟知している。だが、技術・工業分野のエンドユースに使用するテキスタイルを開発するには、テキスタイルの特性を測定・評価する既存の基準だけでなく新しい基準に対する理解が不可欠だ。

[More]

日本の高機能繊維

by Kikuko Tagawa

10月のIFAI Expo 2016においてIFAIジャパンは、日本からの情報発信の場としてジャパンテクニカルセミナーを開催した。セミナーでは、多くの世界的な大手化学繊維メーカーで構成される日本化学繊維協会により、「日本の高機能繊維の未来」と題されたプレゼンテーションも行われた。

[More]

自己発電型テキスタイルを用いたスマート衣類の可能性

米国のジョージア工科大学と中国の北京ナノエナジー・ナノシステム研究所の研究者チームが、太陽エネルギーと着用者の体の動きから生じる力学的なエネルギーの両方を利用できる、初のハイブリッド式自己充電テキスタイルシステムを開発した。

[More]

パタゴニアが強化するリサイクル材の活用

アウトドアブランドのパタゴニアから、リサイクル材料をより多く取り入れたコレクションが登場した。このRe/collectionシリーズは、リサイクルしたダウン、ウール、ポリエステル、ファスナー、ボタンを材料に含む10種類の商品で構成される。同社はリサイクルダウンを「コレクションの中核」と位置付けており、使用済みの品から回収したグースとダックの羽毛をミックスしている。

[More]

カスタマイズ性に優れたウェアラブルテクノロジー


Photo: Xenoma Inc.

一般消費者がより利用しやすいウェアラブルテクノロジーを生み出すこと、それがゼノマ社の目標だ。同社の「e-skin」は、ウェアラブルエレクトロニクス衣料用のプラットフォームベースのソリューションで、センサーの数、タイプそして位置を自由にカスタマイズすることができる。

[More]

アドバンス テキスタイルソース
Advanced Textiles Source

お問い合わせは、IFAIジャパンまで
Tel: 072-780-2803   Fax: 072-772-7376 mailto:ifaijapan@ifai.com

このページのトップへ

To IFAI Home:IFAIジャパンはIndustrial Fabrics Association International(IFAI国際産業ファブリック協会)の国別部会です。

 Copyright © 2000-2017, IFAI Japan, All Rights Reserved.