国際産業ファブリック協会ジャパン

アドバンス テキスタイルソース

アドバンス テキスタイルソース  2016年4月12日配信分のご案内

Creating the future of textiles

もう一つのスマートテキスタイル

新技術が可能にした、エレクトロニクスを使用せずに環境中の刺激に反応するテキスタイル
by Debra Cobb


PORON XRDクッションを取り入れたジョーニンブルのシューズ、ウールスターは、アッパーソールの素材は100%フェルトウール、アウターはビブラムで構成される。
Photo: Joe Nimble.

電子センサーと回路を融合したテキスタイル(Eテキスタイル)は、これまで大いに脚光を浴びてきた。他の電子装置と併用して、生体信号やパフォーマンス目標値、所在地その他の情報について、測定やモニタリング、追跡、伝達ができるというのがその特徴だ。一方で、エレクトロニクスに頼ることなく機能を発揮するスマートテキスタイルも存在している。

[More]

業界の重要関係者が参加した、スマートファブリックス・サミット

by Janet Preus


かつてないほど柔軟で汎用性に富むEテキスタイルの実現に寄与する、デュポンが開発した導電性インク

4月11日ワシントンDCでの、政府や業界の主要関係者が参加したこの1日限りのサミットでは、講演者も務めたペニー・プリッツカー商務長官の言う「生まれたばかりのスマートファブリック市場」について議論が交わされた。

[More]

MY TAKE

最高のニュースリリースタイミング

by Janet Preus

今、米国のテキスタイル業界関係者に「3億1700万ドル」と言えば、誰もが即座に何の話か気付くはずだ。4月1日、米国国防総省とMITは、アドバンスファブリックの研究と製造を目的とした広範なコンソーシアムを設立することを発表した。この編集者にとってもめったに出会えない重大ニュースは、まさに本誌でのスマートファブリック特集を企画していたタイミングで舞い込んできた。

[More]

WHAT'S NEW?

反応の迅速性に優れたスマート衣類

VTTテクニカル・リサーチセンター・オブ・フィンランドは、熱や水分や流れに関するスマート衣類の技術的挙動を進化させる新たなテクノロジーを開発した。その特徴の一つが、着用者個人のニーズに合わせた自動調整性能だ。

[More]

IN THE INDUSTRY

米国が力を入れる、次世代テキスタイル開発のための資金援助

by Seshadri Ramkumar

4月1日に米国国防総省は、次世代型テキスタイルの開発を支援するコンソーシアムの創設を発表した。この「アドバンスト・ファンクショナル・ファブリックス・オブ・アメリカ」と名付けられた組織は、米国の大学、製造業者、新興企業、労働力開発団体を含む145人の創立会員からの提案をベースに誕生した。

[More]

ECO NOTE

リサイクリングに革命を起こす、プラスチックを食べる微生物

京都工繊大等の研究者グループが、5年間にわたる250のPETごみのサンプルでの研究を経て、プラスチックを分解する微生物を発見した。この微生物は、プラスチックのリサイクルに多大なインパクトをもたらすかもしれない。

[More]

OUT THERE

バーチャルリアリティ体験を可能にするビルトイン式ウェアラブル技術

没入できるバーチャルリアリティ(VR)体験を求めるゲーマーのためにデザインされたこの一連のウェアラブルは、腕や手、ボディ部分に埋め込まれたセンサーが音や接触を感知し、かつてない現実感に溢れたVRを楽しませてくれる。

[More]

アドバンス テキスタイルソース
Advanced Textiles Source

お問い合わせは、IFAIジャパンまで
Tel: 072-780-2803   Fax: 072-772-7376 mailto:ifaijapan@ifai.com

このページのトップへ

To IFAI Home:IFAIジャパンはIndustrial Fabrics Association International(IFAI国際産業ファブリック協会)の国別部会です。

 Copyright © 2000-2018, IFAI Japan, All Rights Reserved.