国際産業ファブリック協会ジャパン

アドバンス テキスタイルソース

アドバンス テキスタイルソース  2016年2月9日配信分のご案内

Creating the future of textiles

ファブリックの性能を高めるコーティングと仕上げ

by Janet Preus
高い要求が課される今日の産業用ファブリック市場において、厳しい要求の対象は、ファブリック自体にとどまらない。厳格な規制に準拠しエンドカスタマーの高い期待に応えるのに必要な性能品質を実現すべく、最終製品メーカーが、他の材料を用いたコーティングまたはラミネート加工、場合によってはその両方をファブリックに施すことが増えている。


研究者は、コーティング/仕上げ処理のパフォーマンス改善に絶えず力を注いでいる。

[More]

MY TAKE

日々の新たな学び

by Janet Preus
C8ベースの溶液の使用が終わりを迎えたことで(2015年時点)、優れた撥水性と油性物質への撥油性で知られたある製品が市場から姿を消した。コーティング用の材料のメーカーは、C8(溶剤)ベースの溶液に代わる新たな化学構造を発見しているが、その研究はいまだ進行途中だ。言い換えれば、積極的な変化とイノベーションが求められる時代が到来したのだ。

[More]

IN THE INDUSTRY

ホーエンシュタイン研究所で進行する「ファブリック感覚」の研究

テキスタイルの種類ごとに肌に触れたときの感覚は異なるが、この現象にも科学的な根拠がある。そして「ファブリック独自の感覚」やテキスタイルの触感について理解を深めるべく、Touche(トゥーシュ)という研究プロジェクトが欧州で開始された。このドイツとベルギーの合同プロジェクトでは、人間の皮膚とテキスタイル間の相互作用、そしてテキスタイルがいかに感知されるかを調べる。

[More]

WHAT'S NEW?

新発売のグラフェン強化スポーツウェア

イタリアのスポーツウェアブランド、コルマーが、同国のグラフェンベース製品メーカー、ディレクタ・プラス社のグラフェンプラスを含むスポーツウェアコレクションの発売を開始した。グラフェンプラスのナノテクノロジーがスポーツウェアで活用されるのは、今回が初めてである。

[More]

ECO NOTE

オーガニック繊維の状況改善を目指すパートナーシップ

PO機関テキスタイルエクスチェンジとオーガニックトレード協会(OTA)が新たに開始した共同活動。その目的は、北米のオーガニック繊維業界が公共政策に及ぼす影響力の強化、ならびに広報活動の充実である。両機関は、立法に関するアドボカシーや、パブリック・アウトリーチ、消費者教育に関連した各種のイニシアチブでの協力を予定している。

[More]

OUT THERE

応答性素材に変革をもたらすバイオスキン

MITメディアラボが開始し、スポーツウェアメーカーのニューバランス社がサポートするバイオロジックは、将来的に、生きた生物をプログラミングして、応答性を有し変化するインターフェイスを生み出すことを目指すプログラムだ。このプロジェクトを支えるのが、古来から存在するあるバクテリアのふるまいだ。その細菌とは納豆菌で、大気中の水分に応じて、広がったり縮んだりする性質がある。

[More]

アドバンス テキスタイルソース
Advanced Textiles Source

お問い合わせは、IFAIジャパンまで
Tel: 072-780-2803   Fax: 072-772-7376 mailto:ifaijapan@ifai.com

このページのトップへ

To IFAI Home:IFAIジャパンはIndustrial Fabrics Association International(IFAI国際産業ファブリック協会)の国別部会です。

 Copyright © 2000-2017, IFAI Japan, All Rights Reserved.