国際産業ファブリック協会ジャパン

アドバンス テキスタイルソース

アドバンス テキスタイルソース

アドバンス テキスタイルソース
2015年8月11日配信分のご案内

Creating the future of textiles

医療用テキスタイルのバイタルサイン

by Marie O'Mahony


学生チームが設計した写真の「スパインスマート脊椎サポートシステム」は、負傷したスキーヤーの移動時の怪我防止に貢献する。

健康・衛生の分野において、反応型テクノロジーには大きな需要がある。それなのにこの技術が市場に占める割合がいまだに小さいのはなぜなのか?本記事では、医療用テキスタイルの現在の状況を探ると同時に、テキスタイルと関連製品の新たな展開に注目し、業界の将来的な研究開発の方向性を注視する。

[More]

IFAI 2015年アドバンステキスタイルコンファランスは10月6日より開催

本年の会議では、25名を超える講演者が、業界に特に関連が深いトピックについてプレゼンテーションを行う予定。さらに今年は、誰もが参加可能な"Testing 101(試験の基礎)"と題されたプレゼンテーションを含む、試験/検査に関するプログラムとイベントが特別に企画されている。

[More]

MY TAKE

ハイテクを未来につなぐ

医療/バイオ医療用のアドバンステキスタイルの需要が伸びていることに、疑いの余地はない。そして最近のレポートでは、世界の医療用テキスタイル市場が、2015年〜2019年にかけて、年平均成長率で3.87%成長するという予測が発表されている。

[More]

パタゴニアが「メリノ・エアー」を発売

カリフォルニア州ヴェンチュラに本拠を置く機能性衣類メーカー、パタゴニアの新製品、メリノエアー・ベースレイヤーは、従来のメリノ・ベースレイヤーよりも暖かさと通気性、さらにフィット感に優れている。

[More]

IN THE INDUSTRY

防護衣類市場の成長が明らかに


Photo: www.oilandgaspeople.com

最近発表された新たな報告書では、防護衣類業界の売上額が2020年までに93億ドルに迫ると予測されている。この市場の伸びを現在けん引している主な要素が、石油・ガス、建設、製造といった業界での需要の伸びだ。

[More]

ECO NOTE

開発が進む無水染色方法

東京に本拠を置くファスナーメーカーとして知られるYKKが、超臨界流体染色(SFD)技術を活用した新たな「エコ」染色プロセスの開発に取り組んでいる。この手法が実現すれば、水をほとんど用いない染色工程が可能になる。

[More]

モデルは葉っぱ − 斬新なデザインが車を軽量化

3Dプリント、スポーツウェア用ファブリック、そして葉っぱに着想を得て、EDAGエンジニアリング社が開発したのがコンセプトカー、「EDAGライトコクーン」だ。従来のスポーツカーより約25%も軽量というこのクルマの設計を可能にしたのは、最新の材料技術だ。

[More]

アドバンス テキスタイルソース
Advanced Textiles Source

お問い合わせは、IFAIジャパンまで
Tel: 072-780-2803   Fax: 072-772-7376 mailto:ifaijapan@ifai.com

このページのトップへ

To IFAI Home:IFAIジャパンはIndustrial Fabrics Association International(IFAI国際産業ファブリック協会)の国別部会です。

 Copyright © 2000-2017, IFAI Japan, All Rights Reserved.