国際産業ファブリック協会ジャパン

アドバンス テキスタイルソース

アドバンス テキスタイルソース

アドバンス テキスタイルソース
2015年7月28日配信分のご案内

Creating the future of textiles

小型化、スマート化、汎用化への挑戦

by Louis Franconi


大腿動脈を通り大動脈へとつながる二分岐の立体織物が、動脈壁を強化し動脈瘤の破裂を防止する。
Photo: Bally Ribbon Mills.

医療・バイオメディカル用構造体の開発に新たな手法をもたらす多次元型ナローファブリック。現在、ステントや人工血管、血液・骨髄の濾過、弁といった多彩な用途で、高機能ナローファブリックが活用されている。

[More]

火星旅行に何を着るか?

by Sigrid Tornquist

地球低軌道より高い場所での宇宙飛行では、地球低軌道内でのミッションと比べ、物資補給上の負担は2倍に高まる。NASAが2030年代に予定する火星旅行では、補給能力はきわめて限定的なものとなるか、あるいはゼロになると予想される。すなわち、衣類の供給も限られるということだ。

[More]

MY TAKE

調達前の製品情報提供システム:MUST

IFAIプレジデント メアリー・ヘネシーによる寄稿

現在軍事市場において、非常にエキサイティングかつ状況を一変させうる取組みが進行中だ。IFAIメンバーも近々利用可能になるその方式とは、アメリカ国防兵站局(DLA)の供給ルートにまず参加し、情報提供を経て契約・仕様の発行に結び付けるというものだ。このシステムにはMUST(ミリタリー・ユニフォーム・システムテクノロジー)という名称が与えられている。

[More]

IN THE INDUSTRY

EUがNPEに対する規制を拡大

EU諸国は全会一致により、ノニルフェノールエトキシレート(NPE)の使用禁止の対象を、加盟国に輸入される衣類へと拡大することを決定した。

[More]

ECO NOTE

セルロース繊維の新たなチャンス

よりサステナブルで環境に優しい炭素繊維への関心が再燃する中で、英国の研究者たちが、セルロース繊維を高強度の炭素繊維へと転換する研究に取り組んでいる。

[More]

OUT THERE

英国の研究チームが模倣する自然のカモフラージュ


ダンゴイカは発光バクテリアを潜ませる空洞部を持ち、月光を浴びることでカモフラージュを行う。
Photo: Mattias Ormestad in
www.today.uconn.edu.

ブリストル大学の研究チームが、イカなどの頭足類の生物の擬態を模倣するスマート素材を開発した。この技術は、軍事・レスキュー作業の分野における活用が期待されている。

[More]

アドバンス テキスタイルソース
Advanced Textiles Source

お問い合わせは、IFAIジャパンまで
Tel: 072-780-2803   Fax: 072-772-7376 mailto:ifaijapan@ifai.com

このページのトップへ

To IFAI Home:IFAIジャパンはIndustrial Fabrics Association International(IFAI国際産業ファブリック協会)の国別部会です。

 Copyright © 2000-2017, IFAI Japan, All Rights Reserved.